« 山岳の民芸 | トップページ | キンカンを運ぶ人々 »

2010年1月19日 (火)

ハノイで買う日本

ハノイの普通のスーパーにカルピスが売っているのだがパッケージが日本語のみでベトナム語の説明がまったくついていない。なので、何も知らないベトナム人が買ったら、原液のまま飲んで吹いてるんじゃないか。そして「カルピスはコンデンスミルクでした!」ってツイッターに投稿したりしてるんじゃないか。いちどカルピスの原液を飲んで吹いているベトナム人を目撃してみたい。

今後ベトナムに移住する人に参考までに書くと、日本のものは大抵手に入る。

納豆、からし、わさび、ノリ、あきた小町、オロシ器。

海外に移住するときにオロシ器を持っていく人は通だ。盲点なんだけど海外にはなかなかない大根おろし器。荒いやつとか、パルメザンチーズおろしとかはあるんだが、大根おろし器とはびみょーーに違う。ハノイには大根おろし器まで売っている。完璧だ。感動して勢いで買ったがいまだ一度も使っていない。なめたけをつくり、大根おろしで食べるのがプチ目標。われながら小さすぎる目標だ。

ポカリスエットもカイロでもハノイでも売っている。英語圏の人からしたらスエットっていうのは気持ち悪いかもポカリ汗。

売っていないものとしては、日本語の本だけは売っていないが、

Center for cultural exchange in Vietnam 日越文化交流センター

27 Quang Trung St

には日本語図書館があり、JAというマニアックな建築雑誌まで置いてあり、貸し出し担当の人は日本語が話せる上親切だ。

先日Penに「カレー番長のカレーの作り方」が載っており、メモは大変なのでコピーを頼むと

「規則でコピーは出来ません。(10秒沈黙・・・)でも、やってあげます」

「やったー!」

と、このように今の日本に足りないのは

「規則でOO出来ません!」というのの壁を越えることではないだろうか。

以上ハノイお役立ち情報でした。

|

« 山岳の民芸 | トップページ | キンカンを運ぶ人々 »

ハノイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198397/33048977

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイで買う日本:

« 山岳の民芸 | トップページ | キンカンを運ぶ人々 »