« 正月テトそして水掛け | トップページ | セレブに会った話 »

2009年12月17日 (木)

ラブ・イズ・ア・バトルフィールド

Da01ae511

ハノイに来て1カ月経った。
くどいようだがカイロ時代よりも倍のスピードで時間が過ぎてゆく。
べつにいい思いをしているわけではないのだが。

ところでベトナムで会う人会う人
「早く結婚しなさい!」
と叫び、続けて
「早くベトナム人と結婚しなさいっ!!」
と適当に言って去っていくわけだけども
そんな簡単にいくならもうとっくに
日本で結婚しとるわい。

ただ、みなのリアクションが
「独身ですかっ!(驚)」
であるのはまだ救いと言えよう。
「独身ですか~(哀)」
にならないうちに早く身を固めたい。
と思うようになったというのもベトナム効果か。

よく
ベトナム女性は純粋で笑顔がかわいい。
かいがいしく世話を焼いてくれる。
とか言うけども

甘ーーーい!甘すぎる。
次に挙げる三面記事のタイトルを見ていただきたい。
なにもここ数十年の事件簿をひっくり返したわけではない、
せいぜい一年のうちに次のような事件は続々と報告されている。

「夫の浮気現場に踏み込んだ妻、夫を撲殺」

「夫の浮気相手と疑い、女性の髪を切り衣服はぎ取る」

「夫婦生活少ないと浮気疑い夫を毒殺」

「アンザン省:妻が夫の局部切断 なんと2回目」

この記事の書き出しはこうだ。

夫婦げんかや浮気が原因で妻に局部を切り取られる、
いわゆる阿部定事件はベトナムでは珍しくないが
云々

修羅場だな。
さすがに一人で2回目っていうのは珍しいので記事にもなるが
1回切られたくらいじゃ記事にもならない。
特に疑いだけで毒殺されてしまった夫には同情
するに余りある。
こう見るとベトナム人の結婚生活というのは
男にとって殺るか殺られるかの戦場であることが分かる。

ならなぜ人にそこまで熱心に結婚を勧めるのか。
解せん。戦友を求めているのか。
ラブ イズ ア バトルフィールド

|

« 正月テトそして水掛け | トップページ | セレブに会った話 »

ハノイ」カテゴリの記事

コメント

局部カット→ベトナムでは通過儀礼aka割礼にすぎないのか!!!

投稿: ピソ | 2009年12月17日 (木) 18時03分

そうだよ。数百例施術したその道の名医がテレビに出てたりするらしいよ。サイゴンの子は切って屋根の上に捨てるだけだが、ハノイの子は縫合できないようにアヒルに食べさせるんだって。

投稿: tanabe | 2009年12月17日 (木) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198397/32641283

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ・イズ・ア・バトルフィールド:

« 正月テトそして水掛け | トップページ | セレブに会った話 »